肌の乾燥でもニキビが!?


ニキビって皮脂が多い肌だと、できやすい印象がありますよね。
ニキビはアクネ菌という常在菌が、増え過ぎる事でできるそうです。
アクネ菌は皮脂をエサとしてるので、やっぱり皮脂分泌が多い肌だと、ニキビができやくなるみたいです。

なので、ニキビが気になった時は、しっかりと洗顔して皮脂を落とすケアが重要と言われています。
ですが!逆に肌が乾燥してしまっても、ニキビの原因となるらしいんです。

肌が乾燥すると、角質層の水分量は一気に低下してしまいます。
すると、皮膚は水分の代わりにと、皮脂を出してしまうそうなんです・・・。
このような肌状態になると、皮膚表面は皮脂でべたついているのに、皮膚内部は乾燥している、いわゆる「インナードライ肌」の状態です。

皮脂を落とそうと洗顔をし過ぎてしまうと、乾燥が余計に進み、また皮脂が増える・・・といった悪循環に陥ってしまい、
こうなってしまうと、なかなかニキビが治りません。

インナードライ肌の場合、肌のキメが粗くなったり、ゴワゴワする、化粧のりが悪くなるといった傾向があるようですよ。
このような肌トラブルにプラスして、ニキビもできやすかったら、インナードライ肌かもしれませんね。

皮脂が多いからと化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまうケースも多いですが、インナードライ肌は特に水分が逃げやすいので、
しっかり乳液やクリームで水分が蒸発しないよう、蓋をする事がお勧めです。